アメリカのコスメブランド【タルト】の暖色系アイシャドウパレット

アイメイク

こんにちは。RENA(@renabeauty_insta)です。

みなさんは去年日本に初上陸したアメリカのコスメブランド「tarte(タルト)」ってご存じですか?

もしかしたらよく海外に行かれる方は、セフォラなどで見かけた記憶もあるのではないでしょうか。

そんな「tarte(タルト)」のご紹介とともに、暖色系アイシャドウパレットを使用したメイク方法などをレビューしていきたいと思います!

スポンサードサーチ

アメリカのコスメブランド tarte(タルト)って?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tarte Cosmetics(@tartecosmetics)がシェアした投稿

2019年12月17日に銀座にオープンした、コーセーブランドが揃う体験型店舗「メゾンコーセー(Maison KOSÉ)」にて初上陸したアメリカのコスメブランド。実はあの「Awake」の姉妹ブランドなんですよね。

タルトはフルーツから抽出したエキスやアマゾン川のクレイなどの自然派素材を原料に使用しているヴィーガンコスメなので、肌への刺激が少ないコスメなんです。

キラキラでカラフルなデザインが日本のコスメブランドにはない感じ!

そんなタルトのアイシャドウパレットをご紹介していきます♡

「tartelette toasted eyeshadow palette」

まずパケがヒョウ柄で派手!!!そしてかわいい!!

パカッとパレットの蓋を開けると暖色系カラーが12色も!

ナチュラルな肌馴染みの良さそうなカラーから、ゴールド、オレンジ、ブラウンといった濃いめカラーまで。

マットもパールもギラギララメも、これ一つで全部が楽しめるカラー展開となってます♪

カラー展開

  • s’more (ピンクベージュ)
  • sunrise (ゴールデンベージュ)
  • sunset (ブロンズ)
  • crackle (ゴールドラメ入りブラウン)
  • cashmere (淡ピーチ)
  • warmth (テラコッタ)
  • flame (メタリックラスト)
  • cozy (レンガ)
  • candle (シャンパン)
  • latte (タン)
  • simmer (カッパー)
  • fireside (ディーププラム)

「tartelette toasted eyeshadow palette」を使用したメイクをご紹介!

ゴールドとダークブラウンのカラーを使用したメイク方法をご紹介していきます。

使用するのはアイシャドウパレットの一段目。左から右にかけて順に使用していきます。

メイク方法

  1. s’more (ピンクベージュ)をマットなアイシャドウベースとして使用、アイホール全体に。
  2. sunrise (ゴールデンベージュ)は二重幅より少し大きく。涙袋には黒目よりも少し幅を大きく描く。
  3. sunset (ブロンズ)は二重の幅から目尻よりより少し長めに描く。
  4. crackle (ゴールドラメ入りブラウン)は上まぶたの際から目尻より長く、下まぶたの際に。黒目の真ん中ぐらいまで描く。

s’more (ピンクベージュ)はマットで薄づきなので、ブラシより指を使用した方がやりやすいです!ピンクよりベージュ感の方が強めです。

crackle (ゴールドラメ入りブラウン)は結構濃いカラーなので、アイライナーを引かない方がナチュラルに仕上がります。

カラコンはフランミーのHONEY TOASTを使用しています!

スポンサードサーチ

まとめ

タルトのアイシャドウパレットとその使用方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

国内では銀座のメゾンコーセーでしか購入できませんが、Amazonにて購入できますので、ぜひみなさんも試してみてください!